舐め取らないように注意 | ペットのノミダニ予防ならフロントラインスポットオンを使うのが一番

舐め取らないように注意

袋から青い錠剤を出している

簡単にペットに投与できるフロントラインスポットオンですが、使用するときは少し注意しなくてはならないこともあります。
フロントラインスポットオンはペットの皮膚にピペット容器の中にある薬液を垂らすだけでノミやマダニを駆除できますが、この薬液をペットが舐め取らないようにしなくてはならないのです。
ペットが投与したフロントラインスポットオンを舐めとってしまった場合、フロントラインスポットオンの効果が弱まってしまう可能性がありますし、流延などの副作用もあらわれてしまうかもしれません。
せっかく効果が高いノミダニ予防でも、効果が弱まったりしてしまったら意味がなくなってしまいますし、ペットの体調も心配になってしまいますよね。
安心してフロントラインスポットオンを使うためにも、投与するときはペットが自分で舐め取らない位置にフロントラインスポットオンを投与しましょう。

だけど、ペットが自分で舐め取らない位置といわれても、どこなのかわからないという飼い主さんも中にはいるのではないでしょうか。
特に猫の場合、身体が柔らかいこともあって、毛づくろいのときに舐め取れない位置なんてないように見えてしまいますよね。
フロントラインスポットオンを投与するときにオススメの場所は肩甲骨の間の辺りで、この位置ならペットが毛づくろいをしたときでも舐め取ることができません。
ペットの肩甲骨の間の辺りを狙って、フロントラインスポットオンをしっかりと投与しましょう!